フグ田ヒトデとは?原作漫画の画像とドラマのキャストについて詳しく【サザエさん一家】

あの日本一有名な一家には“幻の8人目の家族”がいた!?

フジテレビで2019年11月24日(日) 20:00~21:54に放送されるスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」の放送が決定。このドラマでは「フグ田ヒトデ」なる人物が登場するというコトでちょっとした話題になっています。

アニメや漫画をさらっと見る限りでは、フグ田家といえばサザエ、マスオ、息子のタラオだけのハズなのですが・・・?

 

「フグ田ヒトデ」って誰?原作漫画の画像を紹介!

『サザエさん』の原作フグ田マスオ、サザエ夫妻の第2子、タラオの妹です。タラちゃんに妹がいたとはかなり衝撃ですね。

フグ田ヒトデは原作者・長谷川町子が描いた「サザエさん10年後」にのみ登場するキャラクターです。この他の漫画・イラストには姿が描かれておらず資料も少ないため、性格などはっきりしたことはよくわかっていません。

画像出典:http://blog.esuteru.com/archives/6903138.html

画像出典:http://blog.esuteru.com/archives/6903138.html

上の画面左端にいるのがヒトデちゃん。マスオに声をかけられています。タラちゃんとワカメを足して割ったようなかわいらしい見た目をしていますね。

フグ田ヒトデは長谷川町子によって描かれた漫画「サザエさん一家の未来予想図」(上の画像)のみに登場します。

こちらは1954年(昭和29年)に文藝春秋により出版された『漫画読本』に収録されており、サザエさん一家の10年後を描いた作品。

20年後を描いた『サザエさん一家がひとなみに年をとっていたら…』には年を取った一家とカツオとワカメの新しい家族が登場しますが、この作品ではヒトデは書かれていないようです。

画像出典:http://panpukin3139.seesaa.net/article/452710934.html

画像出典:http://panpukin3139.seesaa.net/article/452710934.html

これまでアニメにも登場してこなかったヒトデですが、原作に姿があるため、一応公式のキャラクターでもあります。

『サザエさん30年後』の7コマ目でサザエの子供たちがノリスケに挨拶をしていますが、仮にマスオの顔をしているのがタラオだとすると、ヒトデは30年後サザエそっくりの姿(?)に育っている様子。

 

 

スペシャルドラマ実写版『サザエさん』

画像出典:https://natalie.mu/eiga/news/349486

画像出典:https://natalie.mu/eiga/news/349486

(左からフネ、波平、カツオ、サザエ、マスオ、ワカメ、タラオ、ヒトデ)

スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」についてですが、10月にアニメ放送50周年を迎える本作の記念作品として企画されました。

このドラマはアニメから20年後が舞台となっており、登場人物も20歳年齢を重ねた設定となっています。

サザエ役には天海祐希、マスオ役を西島秀俊、カツオ役を濱田岳、ワカメ役を松岡茉優、タラオ役を成田凌、波平とフネを伊武雅刀と市毛良枝が演じるなど、豪華キャストが迎えられています。

過去にもフジテレビでドラマ『サザエさん』(1981年4月1日)が放映されていますが、未来のサザエさん一家を描くのは今回が初めてとのことで大注目の作品となりそうです。

ちなみに上の画像右端がフグ田ヒトデ(役:桜田ひより)。見た目は中学生~高校生なので、年齢設定は15歳くらいでしょうか。

 

あらすじ

20年後の磯野家の人々は…カツオ(31歳)は野球選手、漫画家など、夢見ては挫折するのを繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。
ワカメ(29歳)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。
タラオ(23歳)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。
また、波平(74歳)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守るフネ(70代)。
マスオ(48歳)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。
もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエ(44歳)は奮起する。盆踊り大会に家族みんなで集合!と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。サザエは磯野家に明るい太陽を照らすことができるだろうかー。

引用:https://www.fujitv.co.jp/sazaesan_20/

 

キャスト

  • フグ田サザエ役 天海祐希
  • フグ田マスオ役 西島秀俊
  • 磯野カツオ役 濱田 岳
  • 磯野ワカメ役 松岡茉優
  • フグ田タラオ役 成田 凌
  • フグ田ヒトデ役 
  • 磯野フネ役 市毛良枝
  • 磯野波平役 伊武雅刀

 

キャストは桜田ひより

今回ドラマでヒトデを演じるのは桜田ひよりさん。人気急上昇中の若手女優さんです。

  • 生年月日2002年12月19日
  • 出身地千葉県
  • 身長158cm
  • 趣味アニメ鑑賞
  • 公式ブログhttp://ameblo.jp/sakuradahiyori
  • 公式ツィッター(スタッフ)

 

マスオとサザエの子らしからぬ圧倒的可愛さですね。

 

まとめ

20年後のリアリティにこだわって作られた製作されるという今回のスペシャルドラマでは、タラオの妹「フグ田ヒトデ」が登場。

原作でもはっきりと名前がわかるのは1度だけという超レアなキャラクターですが、スタッフはよくぞ採用してくれたと思います。

ヒトデ(桜田ひより)ちゃんが想像以上に可愛くてビックリですが、今回のドラマは現代劇として製作されているので今どきの学生らしさが作品にぴったりですね。

未来の磯野家を描いたドラマは今回が初とのことで、一味違ったサザエ一家を見ることができそうです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です